まつりつくばギャラリー 2014-2019

まつりつくばは、つくば市中心部で行われる市内最大の夏のイベントです。

全体で南北約2kmにも及ぶ会場内では、市内人気店のグルメのほか、ロボット・アート・スポーツにちなんだ多彩なイベントやステージショーを楽しむことができます。

最大の見所は、土浦学園線を交通規制して行われる大パレード。ねぶた・神輿・竿灯などがパレード会場を練り歩きます。

 

まつりつくば2019

まつりつくば2019ポスターデザインコンテスト最優秀作品

いきいき茨城ゆめ国体2019・いきいき茨城ゆめ大会2019の開催を記念し、「つくば市炬火イベント」などの国体関連イベントが多数行われました。

パレードでは、つくばオリジナルデザインで制作された「バルーンねぶた」が登場し、会場を大いに盛り上げました。

まつりつくば2018

「まつりつくば検討委員会」を設置し、イベントのコンセプトが見直され、キャッチコピーが「わたしたちのまつりつくば。」に変わりました。パレードでは、国内で初めてセグウェイが車道を走行し、話題になりました。

 

まつりつくば2017


市制施行30周年を記念し、スペシャルパレードを実施しました。茨城国体(2019年)で自転車競技がつくば市で開催されるのを応援するため、サイクルレース「まつりつくばクリテリウム2017」がパレード会場で行われました。

まつりつくば2016

 

この年、盛岡さんさ踊りがパレードに登場しました。

当日は断続的な雨に見舞われましたが、盛況のうちに終了することができました。

まつりつくば2015

ポスターデザインコンテストが行われ、応募作品の中からポスター及びチラシのデザインとなる最優秀作品を選出しました。

新しいイベント企画として「スポーツパーク」が加わり、3×3バスケットボール大会などが開催されました。

また、つくば科学万博30周年及びつくばエクスプレス開業10周年を記念した特別イベントを実施し、沿線地域や交流都市のグルメとご当地キャラクターが集合しました。

まつりつくば2014

主催団体が「まつりつくば実行委員会」から、現在の「まつりつくば大会本部」に変わりました。

イベントの募集を行い、「バザー広場」、「ふれあい広場」、「ステージ」、「アートタウンつくば大道芸フェスティバル」、「ロボットパーク」、「クレオスクエアうきうき広場」、「まつり大パレード」が実施されました。2014年以降、各イベントは募集によって決定されています。